• ホーム
  • 正しいアフターピルの使い方

正しいアフターピルの使い方

困っている女性

アフターピルとは、避妊をしないでセックスをした場合、あるいは避妊をしていたけれども何らかの理由によって失敗してしまった時に72時間以内に服用すれば避妊効果がある緊急避妊用ピルです。
モーニングアフターピルとも呼ばれ、毎日飲む続けることで避妊効果を得る低用量ピルよりも女性ホルモンの量が多く含まれているので、服用したことによってホルモンバランスが崩れて吐き気や頭痛、嘔吐などの副作用が出ることもあります。
もし薬を吐いてしまった場合には、薬の効果がなくなってしまうので、もう1錠飲む必要がありますので、アフターピルを処方してもらう時に吐き気止めも一緒に出してもらうのが良いでしょう。

アフターピルは基本的には婦人科などで検査を受けて服用するのに問題がないがなければ処方してくれます。
内科でも処方してくれることもあるようですがアフターピルに肯定的な医師ばかりではないので、確実に欲しい場合にはやはり婦人科に行くことをおすすめします。

また、ネット通販などでも販売していることはありますが、アフターピルを服用する時というのはほとんどの場合が緊急を要する時であるので、通販で頼むと避妊を回避できる期間が過ぎてしまうこともあるので、通販で購入する際は何かあった時の予備用として事前にアフターピルを通販で準備しておきましょう。

アフターピルは高い確率で避妊を回避できますが、だからといって必ずしも成功するわけではありません。
服用すると、早くて数日、遅くても3週間以内に出血しますが、その日数を過ぎても出血が見られない場合には妊娠している可能性もあるので、早めに産婦人科に受診するようにしましょう。

アフターピルで妊娠を回避できるから避妊しなくても安心というわけではないので、セックスをする際には性病予防も兼ねてしっかりと避妊して行うようにしましょう。